タグ・アーカイブ: 日本代表 選手

okazaki岡崎 慎司は、兵庫県宝塚市出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・レスター・シティFC所属。日本代表。日本代表 サッカー選手背番号は#▼9番。ポジションはフォワード。

個人履歴

2005年の高校卒業、清水エスパルスに入団。当時の長谷川健太監督による評価は「FW8人の中で8番目」であった。2011年1月30日、ドイツ・ブンデスリーガのVfBシュトゥットガルトが推定年俸130万ユーロ(1億4500万円)の3年半契約で岡崎を完全移籍で獲得したと発表した。2013年6月25日、1.FSVマインツ05に3年契約で完全移籍。2015年6月26日、イングランド・プレミアリーグのレスター・シティFCに4年契約で移籍。

プレースタイル

オフ・ザ・ボールの動きで勝負し、ワンタッチでゴールを決めるタイプのストライカー。一瞬でDFラインの裏に抜け出してのシュートも得意とし、ダイビングヘッドなど泥臭くゴールを狙うプレーもいとわない。

運動量が豊富で、前線からの激しいチェイシングなど守備能力も高く、フォワードの他にウイング、トップ下およびサイドハーフもこなす。クラブ、代表の両方において、2列目のサイドで起用されることが多い。

以前は自他共に認める鈍足だったが、バルセロナ五輪に100mで出場経験のあるフィジカルトレーナー、杉本龍勇(岡崎がエスパルスでプレーしていた時のフィジカルトレーナーであり、2015年現在も個人契約を結んでいる)の指導により走り方の改善を行い、出足の鋭さを手に入れた。フィジカル的な強さやキレも増してきている。

P1100394-800x600宇佐美 貴史は、京都府長岡京市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・FCアウクスブルク所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。日本代表 選手 背番号は11番。

個人履歴

2009年、ガンバ大阪に入団、2011年7月18日、現地ミュンヘンで入団会見が行われた。背番号は「14」。2012年5月23日、ブンデスリーガ・TSG1899ホッフェンハイムへの完全移籍のオプション付きとなる1年間の期限付き移籍が発表された。2013年6月18日より古巣のG大阪に復帰。2016年6月20日、ブンデスリーガ・FCアウクスブルクへの完全移籍が発表された。4年契約で移籍金は推定2億円。

海外の反応

ガンバ大阪のクラブの歴史の願望で初めて2部リーグのタイトル、宇佐美貴史は一番な重要な人物。それはリーグタイトルを獲得し、ビッグスリーリーグ、リーグカップと天皇杯の下に掃引ストレッチ強制的に、エースストライカー宇佐美貴史の存在であるので、最初の年のJ1でガンバ大阪に戻ります。ガンバ大阪、チームとファンが宇佐美の生活はますます行動する勇気になってきた愛しました。ブンデスリーガとJ2での浮き沈みを経て、彼の心は、より成熟しています。これは純粋に技術的な学校から、なぜプレーヤー、大成者への道です。

日本代表、宇佐美貴史 ユニフォームにご興味がある方はこちらへ:https://worldcup-uniform.com/asia/jfa-uniform