タグ・アーカイブ: 宇佐美貴史 ユニフォーム

P1100394-800x600宇佐美 貴史は、京都府長岡京市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・FCアウクスブルク所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。日本代表 選手 背番号は11番。

個人履歴

2009年、ガンバ大阪に入団、2011年7月18日、現地ミュンヘンで入団会見が行われた。背番号は「14」。2012年5月23日、ブンデスリーガ・TSG1899ホッフェンハイムへの完全移籍のオプション付きとなる1年間の期限付き移籍が発表された。2013年6月18日より古巣のG大阪に復帰。2016年6月20日、ブンデスリーガ・FCアウクスブルクへの完全移籍が発表された。4年契約で移籍金は推定2億円。

海外の反応

ガンバ大阪のクラブの歴史の願望で初めて2部リーグのタイトル、宇佐美貴史は一番な重要な人物。それはリーグタイトルを獲得し、ビッグスリーリーグ、リーグカップと天皇杯の下に掃引ストレッチ強制的に、エースストライカー宇佐美貴史の存在であるので、最初の年のJ1でガンバ大阪に戻ります。ガンバ大阪、チームとファンが宇佐美の生活はますます行動する勇気になってきた愛しました。ブンデスリーガとJ2での浮き沈みを経て、彼の心は、より成熟しています。これは純粋に技術的な学校から、なぜプレーヤー、大成者への道です。

日本代表、宇佐美貴史 ユニフォームにご興味がある方はこちらへ:https://worldcup-uniform.com/asia/jfa-uniform