日次アーカイブ: 2018年2月7日

(はせべ まこと、1984年1月18日 - )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。サッカー日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。妻はタレントの佐藤ありさ。

浦和レッズ

高校卒業と同時に、浦和レッズに加入。1年目はほとんど出場機会がなかったが、2年目の2003年はトップ下やボランチの選手として年間通して出場機会を得た。そして、3年目の2004年はシーズン当初こそ山瀬功治に代わってトップ下で出場していたが、シーズン中盤以降は鈴木啓太とダブルボランチを組み、浦和の2ndステージ優勝などに貢献した。この年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出された。

GettyImages-872467800-2

写真と同じく日本代表ホームユニフォームをおほしい方は写真をリンクください!

日本代表 
2006年1月の代表合宿、2月のアメリカ遠征の時にサッカー日本代表に初選出された。

2008年5月15日、岡田武史の監督就任後初めて日本代表に選出。

2009年6月6日、ワールドカップ出場権獲得に王手をかけた南アフリカワールドカップ・アジア最終予選アウェーでのウズベキスタン戦にスタメン出場。この試合に1対0で勝利し、4大会連続4度目のW杯出場を決めた。

2010年5月10日、南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーに選出。

2014年6月に開催された2014 FIFAワールドカップ前には、同年2月に手術した右膝の炎症が再発し直前の親善試合を全て欠場。本大会では全試合スタメンで出場したが、チームはグループリーグ敗退となった。

2017年3月に負った怪我と手術の影響で日本代表の試合にしばらく出場できなかったが、W杯出場の機会は8月31日のアジア3次予選リーグ、オーストラリア戦で日本代表として復帰。

プロ経歴
  • 2002年 - 2007年 浦和レッドダイヤモンズ
  • 2008年 - 2013年  VfLヴォルフスブルク
  • 2013年 - 2014年  1.FCニュルンベルク
  • 2014年 -  アイントラハト・フランクフルト
人物評価

浦和レッズ時代は繊細なボールタッチを持ち味とする司令塔として活躍したが、ヴォルフスブルク移籍後は中盤の攻撃的な位置や守備的な位置に加え、右サイドバックやセンターバックに入ることもできるユーティリティプレイヤーに進化。持ち前のテクニックに加え、欧州仕様のフィジカルと対人プレーの強さを体得し、守備でも危険察知力、カバーリングが成長した。