日本代表、香川真司について

84f6a07a437879199ec80260d0d6e3eb香川 真司は、1989年3月17日兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表 10番 ユニフォームを着用。

個人履歴

2006年にセレッソ大阪に入団した。2010年7月1日、育成補償金35万ユーロ(約4000万円)でブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに移籍した。2011年1月には国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれた。2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの香川の完全移籍に関してドルトムント及びマンチェスター・ユナイテッドの双方が合意したことが両クラブから発表された。2014年9月、香川真司が古巣ボルシア・ドルトムントへ移籍した。契約期間は四年間。

選手としての特徴

概要

攻撃面での高い技術およびセンスを備えたセカンドストライカーないしトップ下であり、ボールのコントロール能力、敏捷性、カットイン時のオフ・ザ・ボールの動き、視野の広さ等は高い評価を得ている。ドリブル、シュート、パスと、攻撃の組み立てからシュートに関わるプレー能力が高く、主にカウンター攻撃やショートカウンター攻撃ではスピードに乗りながらプレーすることができる。 反面、後述するように体幹の強度は今一つであり、攻守両面におけるパワーを用いたプレーについての評価は決して高いと言えない。

オフェンス能力

動き出しのタイミングを見極める力やスペースを見つけ出すセンス、敏捷性に優れ、味方のパスを引き出す能力に長けている。またボールの扱いそのものも巧みで、バイタルエリア(相手のディフェンスラインと中盤の間のスペース)で動きながらボールを受けた後に素早く反転するための優れたトラップ技術も持つ。この技術により、ゴールを背にした姿勢でボールを受けても力の強いディフェンダーとの競り合いをうまく回避してフィジカルの不足を補いながらゴール正面を向くことができる。また正面を向いた際の足元の技術とゴール前での冷静さ、視野の広さ、両足でボールを扱える器用さを持ち合わせている。

ユルゲン・クロップ監督の時代はトップ下での起用が多かったが、マンチェスター・ユナイテッド時代はサイドハーフでの起用が主になり、実力を発揮できなかった。ドルトムント復帰後のトーマス・トゥヘル監督の時代になり、インサイドハーフでの起用にも徐々に適応した。日本代表では4-2-3-1の左サイドハーフで起用されることが多く、監督のアルベルト・ザッケローニは香川の適したポジションを「トップ下ではなく、セカンドトップ(シャドーストライカー)」と評価している。

2012年、ドルトムントでチームメイトだったドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは「シンジはトップ下としてヨーロッパ・ナンバーワンのプレーヤーだと思う。見ていて何度も腰を上げちゃうほどエキサイティングなプレーを連発しているよね」と語り、またドイツ代表DFマッツ・フンメルスは「シンジはワールドクラスの選手だ。ボールをキープする際のスピードとテクニックには悪魔的な怖さを感じるよ。味方でよかった」と語っている。

フィジカルと守備力

反面、フィジカル(体幹の筋力の強さ)を活かして相手選手と競り合うプレーは攻守ともに得意ではなく、競り合いと同様に体幹の力が要求されるミドルシュートの球威も高い評価を得ているとは言えない。同じトップ下のタイプに属する選手であるリオネル・メッシと比較してもミドルシュートの球威のなさは顕著である。本人もその点は自覚しており、マンチェスター・ユナイテッド時代は筋力トレーニングに取り組んでいることを明かしていた。ヘディングは不得意である。

その体幹の弱さから守備力、特に1対1の局面での貢献度を疑問視する見方は絶えない。かつてユルゲン・クロップは香川の「守備力」を評価し、ボルシア・ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍する際には、ドルトムントの守備面での戦力低下を懸念していたが、彼が言及した「守備力」とは「相手に押し込まれた時や球際での競り合いにおいて当たり負けしない能力」を含む「総合的な守備力」ではなく、クロップが好むゲーゲンプレス(ハイプレッシング戦術の一種)を行う上で最前線の選手(ファーストディフェンダー)に要求される能力、具体的には最前線でのフォアチェックに不可欠な敏捷性と運動量のことであって、香川の守備力に対する評価は彼の戦術的な信念と一体のものであった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です